中野区中野 横山歯科診療所監修 子供の矯正治療なら|顎顔面矯正

こどもの歯並び相談室

03-3381-6764

治療時期

治療の時期

顎顔面矯正治療は一期治療(5才位~)から
スタートできるのが理想です。
それは成長終了後の矯正治療(二期・ブラケットによる仕上げ)では限界があり、抜歯の可能性が上がるからです。

子どもの矯正治療の考え方

赤の線・・・・軌道を外れてしまった子供の時期から大人になるまで何もしない場合
青の線・・・・一期治療で正常な軌道に戻れた場合
橙の線・・・・一期治療と二期治療をへて正常な軌道にのった場合

子どもの不正咬合は一期治療から始めるが理想で
一期治療で正常な軌道にのる場合もあります

上の図は子供さんに対する矯正の考え方です。矯正治療は大きく分けると、

となります。
顎顔面矯正は発育不全の顎骨の健全な成長を促し、本来の発育に戻す矯正法です。
言いかえると、成長のコントロールにあたるので、発育の伸びしろがあるうちに早めの治療をお勧めしています。

関連するQ&A
  • Q 高校生では顎顔面矯正の治療は難しいでしょうか?
  • A 顎が広げられない可能性があります。その場合は通常の矯正治療法になります。
  • Q 大人になっても後戻りはないのでしょうか
  • A 拡大が十分にできていて、口呼吸などの悪い習慣が改善されると後戻りは少ないと思います。
    ※個人差はあります